スタッフブログ

2016年5月20日 金曜日

恐怖の洗濯機

こんにちは。ウエルネスあざみの整骨院の保利です。


日差しが強く暑い日があったかと思うと、肌寒い日があったり、毎日気候が変わりますが
みなさまいかがお過ごしでしょうか?


今回は自宅の洗濯機の話です。


最初に  結 論  をいます。

「洗濯機は定期的な分解掃除をおすすめします!」

一言でいうとヤバイ、です。洗濯槽クリーナーのCMで見られるアレ以上のものがありました。


ゴールデンウイーク前に市販の洗濯槽クリーナーにて洗濯槽洗浄をしたものの、
洗濯物へ水アカの付着が見られたため、初めて洗濯機の分解に挑戦しました。



分解は結構かんたん。

メーカーによって違うとは思いますが、自宅の東芝製縦型ドラムは
1:操作パネルを止めているネジを4つ外す
2:洗濯槽中央にあるネジを外し、その下にあるボルトを4つ外す。
あとは何か所か引っかかっている爪を外せば、洗濯槽をガバッと持ち上げて外すことが出来ます。

初めての自分で、ここまでの所要時間約30分。一度手順を覚えれば外すまで10分かからないくらい簡単です。



大変なのはここから先でした。

半年に1度は洗濯槽クリーナーを使っていたのですが、それにも関わらず凄い汚れ!
プラスチックの部品回りは特にギッシリ汚れが詰まっていました。


一番驚いたのは柔軟剤。コンビニの小さいビニール袋ひとつ分くらいの柔軟剤が
洗濯槽の水面線付近に沈着していました。


今までこんな洗濯機で洗濯をしていたのかと思うとゲンナリするレベルです。


写真を撮りわすれたことが悔やんでならない(笑)のですが、1度見たら、定期的にやろう・・・と心から思う汚さです。
身体も機械も一緒ですね。定期的なメンテナンスの必要性を改めて感じました。


院で洗濯機の掃除は受け付けていませんが、やり方くらいはお話しできますので、いつでも聞いてください。
ちなみにダスキンに頼むと18,000円くらいみたいです。


保利



投稿者 ウェルネスあざみの整骨院